ごあいさつ
滋賀県土地改良事業団体連合会 会長 秦 眞治
 滋賀県土地改良事業団体連合会の業務運営、ならびに農業農村整備事業の推進につきまして、会員をはじめ関係機関の皆様には特段のご理解とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
 さて、農業農村は、私たち県民の生活を支える食料を供給するという重要な使命と併せて、地域資源の維持、国土や自然環境の保全、良好な農村景観の形成、更には地域文化の伝承など、多面的な機能を有し、地域社会に大きく貢献しています。
 しかし近年、社会の大きな変革のなかで、農業農村においても情勢は大きく変化してきています。農業従事者の高齢化や後継者の不足、さらにはコミュニケーションの希薄化と活力の低下等、いろいろな課題をかかえております。このような中で、さまざまな課題を解消しながら、安全で安心な食料を将来にわたって安定的に供給し続けるとともに、県土を良好な形で次代に引き継ぐ必要があります。
 今、私たちは、土地改良区の役割や存在意義を見つめ直すとともに、地域住民や自治体と連携して地域づくりを考えていこうとする「21世紀土地改良区創造運動」を、「水土里(みどり)ネット」という愛称のもとに展開しております。
 また、「農地・水保全管理支払交付金」の対策、滋賀県では「世代をつなぐ農村まるごと保全向上対策」と名付け、県とともに、私どもが地域協議会を所管し、農村の振興に取り組んでおります。
 本会といたしましては、会員や国・県の要望等をお聞きし、職員の資質や能力向上に努め、より一層会員等の皆様方へのサービスに努めたいと考えておりますので、より一層のご指導・ご協力・ご支援を賜りますようお願い申し上げます。